カートの内容

カートに商品ありません

  • 生産国:ウクライナ
  • 産地:ザカルパッチャ州
  • ​生産者:チザイ
  • タイプ: / 辛口
  • 葡萄品種:チェルセギ 100%
  • 品質分類:無し
  • 飲み頃:現在〜2026年
  • 価格帯:2,000円台
  • JAN コード: 4820001633245

チザイワイナリー

チザイワイナリーはウクライナのもっとも重要なワイナリーの一つで、ウクライナ西部のトランスカルパティア州に位置します。歴史的な背景の変遷の過程でハンガリー、スロバキア、イタリアやオーストリアからの影響を受け、各国の伝統と文化が融合したワイナリーです。伝統を守りながらも近代的な技術を取り入れ、サステナブルなワインメーキングに励んでいます。

チェルセギ種

チェルセギ種は元々ハンガリーの土着品種で、[ゲヴルツトラミネール] と [イルシャイ・オリヴェル] 種を交配によって誕生しました。ウクライナではチザイワイナリーのみ栽培しています。アプリコットにほのかなスパイスのニュアンスをもち、その特徴的なアロマが多くの人々に愛飲されています。

テイスティングノート

  • 外観
    淡い黄金色。​
  • 香り
    香りはやや強く、豊富な果実香が感じられます。ライラック、ユリ、チェリーブロッソム、白い薔薇、オレンジの花、ラベンダー、アカシア、マンゴー、メロン、アプリコット、キャンディー、マルメロ、ライチ、洋梨、白桃、マジパン、蜂蜜、生姜と若干ミントのニュアンスを感じます。
  • 味わい
    フルーティーさが主体的で、若干スパイスも感じます。心地よい繊細な苦味を伴うスッキリした辛口ワインです。豊富な果実味がしっかりした酸味に支えられ、飲み心地はとてもフレッシュです。ミディアムボディー寄りの印象で、アルコール度数は中程度です。風味はやや強く、後味はとても長いです。余韻にヨードのような、絆創膏のような香りが残ります。果実香とミネラル香が入り混じり、大変印象的なワインです。
  • 相性の良い料理
    ホワイトアスパラガス、シーフード、鶏のグリル、天ぷら、ソフトタイプのチーズ。
  • その他のコメント [酒石酸]
    ウクライナワインの [チザイ・チェルセギ 2021年 / Chizay Chersegi 2021] の中に見えるオリのようなものは酒石酸です。タルタル酸とも呼ばれます。英語でTartaric acidと言います。酒石酸は、まずワインを醸造するときに副成する生酒石に含まれる酒石から合成します。 酒石は酒石酸の塩である酒石酸水素カリウムでできているので、まずここに水酸化カルシウムまたは炭酸カルシウムを加えて半量を酒石酸カルシウムとします。酒石酸は、消化、吸収されない物質です。 そのため、摂取してもそのまま排出されたり、腸内細菌によって分解されたりします。酒石酸はもともと食品の中に存在するもので、安全性には問題ありません。

飲み頃温度

  • 5℃~7℃

基本情報

  • アルコール度数:12.00 %
  • 残糖: 2.2 g/l
  • 酸度: 6.7 g/l
  • 内容量: 750ml

原料情報

  • 原料:葡萄100%
  • 地方:ザカルパッチャ
  • 畑:生産者自社畑
  • 葡萄の栽培者:チザイ

製造情報

  • 製造者:チザイ
  • 製造の場所:チザイ
  • ボトリングの場所:チザイ
  • 発酵前のスキンコンタクト:無し
  • マロラクティック発酵: 無
  • シュール・リー: 無
  • 熟成:ステンレスタンク
  • ボトリング年月日:瓶に記載

輸入情報

  • 輸入方法:コンテナ輸入
  • 輸送中の品質管理方法:温度管理可能なコンテナを利用

輸入後の情報

  • 販売者:ダニエルのワイン クラブ
  • 保管所:ダニエルのワイン クラブ
  • 保管温度:16°〜18°C
会員割引有*

チザイ・チェルセギ 2021年 / Chizay Chersegi 2021

Regular price ¥2,860
Unit price
per 
在庫状況
 
価格は税込表示です。 税込16,500円以上は送料無料。注文する前に配送方法と送料のご確認をお願い致します。

  • 生産国:ウクライナ
  • 産地:ザカルパッチャ州
  • ​生産者:チザイ
  • タイプ: / 辛口
  • 葡萄品種:チェルセギ 100%
  • 品質分類:無し
  • 飲み頃:現在〜2026年
  • 価格帯:2,000円台
  • JAN コード: 4820001633245

チザイワイナリー

チザイワイナリーはウクライナのもっとも重要なワイナリーの一つで、ウクライナ西部のトランスカルパティア州に位置します。歴史的な背景の変遷の過程でハンガリー、スロバキア、イタリアやオーストリアからの影響を受け、各国の伝統と文化が融合したワイナリーです。伝統を守りながらも近代的な技術を取り入れ、サステナブルなワインメーキングに励んでいます。

チェルセギ種

チェルセギ種は元々ハンガリーの土着品種で、[ゲヴルツトラミネール] と [イルシャイ・オリヴェル] 種を交配によって誕生しました。ウクライナではチザイワイナリーのみ栽培しています。アプリコットにほのかなスパイスのニュアンスをもち、その特徴的なアロマが多くの人々に愛飲されています。

テイスティングノート

  • 外観
    淡い黄金色。​
  • 香り
    香りはやや強く、豊富な果実香が感じられます。ライラック、ユリ、チェリーブロッソム、白い薔薇、オレンジの花、ラベンダー、アカシア、マンゴー、メロン、アプリコット、キャンディー、マルメロ、ライチ、洋梨、白桃、マジパン、蜂蜜、生姜と若干ミントのニュアンスを感じます。
  • 味わい
    フルーティーさが主体的で、若干スパイスも感じます。心地よい繊細な苦味を伴うスッキリした辛口ワインです。豊富な果実味がしっかりした酸味に支えられ、飲み心地はとてもフレッシュです。ミディアムボディー寄りの印象で、アルコール度数は中程度です。風味はやや強く、後味はとても長いです。余韻にヨードのような、絆創膏のような香りが残ります。果実香とミネラル香が入り混じり、大変印象的なワインです。
  • 相性の良い料理
    ホワイトアスパラガス、シーフード、鶏のグリル、天ぷら、ソフトタイプのチーズ。
  • その他のコメント [酒石酸]
    ウクライナワインの [チザイ・チェルセギ 2021年 / Chizay Chersegi 2021] の中に見えるオリのようなものは酒石酸です。タルタル酸とも呼ばれます。英語でTartaric acidと言います。酒石酸は、まずワインを醸造するときに副成する生酒石に含まれる酒石から合成します。 酒石は酒石酸の塩である酒石酸水素カリウムでできているので、まずここに水酸化カルシウムまたは炭酸カルシウムを加えて半量を酒石酸カルシウムとします。酒石酸は、消化、吸収されない物質です。 そのため、摂取してもそのまま排出されたり、腸内細菌によって分解されたりします。酒石酸はもともと食品の中に存在するもので、安全性には問題ありません。

飲み頃温度

  • 5℃~7℃

基本情報

  • アルコール度数:12.00 %
  • 残糖: 2.2 g/l
  • 酸度: 6.7 g/l
  • 内容量: 750ml

原料情報

  • 原料:葡萄100%
  • 地方:ザカルパッチャ
  • 畑:生産者自社畑
  • 葡萄の栽培者:チザイ

製造情報

  • 製造者:チザイ
  • 製造の場所:チザイ
  • ボトリングの場所:チザイ
  • 発酵前のスキンコンタクト:無し
  • マロラクティック発酵: 無
  • シュール・リー: 無
  • 熟成:ステンレスタンク
  • ボトリング年月日:瓶に記載

輸入情報

  • 輸入方法:コンテナ輸入
  • 輸送中の品質管理方法:温度管理可能なコンテナを利用

輸入後の情報

  • 販売者:ダニエルのワイン クラブ
  • 保管所:ダニエルのワイン クラブ
  • 保管温度:16°〜18°C