カートの内容

カートに商品ありません

メタモルフォシス

メタモルフォシス ワイナリー
METAMORFOSIS

イタリアのワイン産業に大きく貢献したアンティノリ家がルーマニアでワインを生産することを決め、2009年にルーマニアのデアル・マーレ産地で「ヴィイレ・メタモルフォシス」というワイナリーを設立しました。デアル・マーレ産地の緯度は北イタリアのピエモンテ州とほぼ同じく、6000年間のワイン歴史を誇り、ピエロ・アンティノリ氏の心を魅了しました。[天候や土壌に恵まれたルーマニアには、可能性のある土地が眠っている]とピエロ・アンティノリ氏は言います。ピエロ・アンティノリ氏はイタリアの政府から多くの労働騎士勲章を授与し、現代イタリアワイン業界に大きな影響を及ぼす偉大な人物です。

ルーマニアで生産するワインは主に赤ワインで、ルーマニアの土着品種フェテアスカ・ネアグラとネグル・デ・ドラガシャニと国際品種のカベルネ・ソーヴィニヨン、メルローとピノ・ノワールに重点を置いています。中部イタリアで生産されたアンティノリの高級ワインは日本国内で1万円〜2万円で入手できますが、ルーマニアで作られた同じ品質のワインが2千円台〜7千円台で手に入ることになり、注目を浴びています。

[ルーマニアのテロワールの良さ日本のワインラバーに知ってもらいたいです]とイタリア人ワインメーカーのフィオレンゾ・リスタ (Fiorenzo Rista) がいいます。

Fiorenzo RISTA and Daniel BERES, at Metamorfosis Winery in Romania

アンティノリ家の歴史

イタリアワインの神と言われるアンティノリ家の歴史は、1385年に始まり、600年以上にわたってワイン造りを続けています。「ティニャネロ」や「ソライア」などのワインを生み出し、世界にイタリアワインの実力を認識させ、現在はピエモンテを始め、トスカーナ、ウンブリアなどの産地に10以上のワイナリーを所有し、2009年にはルーマニアへ進出を果たしました。「土地とのつながり」をモチーフにし、テロワールと歴史を反映した多彩なワインを造りだしています。現在の当主、26代目のピエロ・アンティノリ氏が、ルーマニアへの進出を決意し、アンティノリの新しい時代に踏み出しています。

メタモルフォシスワイン一覧
⇩⇩⇩⇩⇩

結果数: 15 件

メタモルフォシス・メルロー 2017年 / Metamorfosis Merlot 2017
会員割引有
メタモルフォシス・ピノ・ノワール 2020年 / Metamorfosis Pinot Noir 2020
会員割引有
ヴィア・コルツル・ピエトレイ・シラー 2018年 / Via Coltul Pietrei Syrah 2018
会員割引有